スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガバペンチンの実力 2 (副作用) 

 今日はぐっと冷え込んだので、足のしびれ痛いのが強くなっちゃいました・・・。私は悪い方の足がいつも若干冷たいのですが、特に急に寒くなるとはっきり差が出ます。明け方に冷え込むと大抵、「巨大な沼にはまって毒蛭に足を吸われ、ビリビリと痺れる足で必死に逃げようとする」という、B級映画みたいな悪夢で目を覚まします。で、起きると当然、足が痛いわけです。もうちょっとマシな脚色はないもんでしょーか(笑)。

 先日の続きですが、まず、ガバペンチン(ファイザー、商品名ガバペン)を、CRPSタイプ1の患者さんに直接投与した臨床試験の論文1)が見つかったので、そのご報告から。

 結果を一言で言うと・・・うーん、微妙・・・。効いたかどうかハッキリとは分からない、ちょっとは効いてるかな?って感じらしい。
 試験では、58人の患者さんに、間に2週間の間隔をあけて3週間ずつ、ガバペンチンとプラセボを飲んでもらいました。どっちを先に飲んでるかは、患者さんにも先生にも試験が終わるまで分からない仕組み。最初の3週間では、確かにガバペンチン組の方が痛みが和らぎました。でも後の3週間では、それほどハッキリした差が見えませんでした。全体として、統計的に有意な違い(偶然ではありえないようなハッキリした違い)は出なかった。ただ、患肢の感覚障害は、ガバペンチンで改善したとのことです。
 研究チームは、「ガバペンチンはCRPSタイプ1にマイルドな効果がある。患者の一部は、投与によって利益を得るだろう」と結論してますが・・・

 先日の話に比べて、残念な結果ですね。私には間違いなく効いているガバペンチンですが、私はタイプ2です。もしかして神経損傷がある方が効くのかも?とも思いますが、タイプ2患者に対する臨床試験が見当たらないので、想像の域を出ません。
 神経因性疼痛治療に関する臨床試験の論文って、大半は帯状疱疹後の疼痛か、糖尿病性疼痛の患者さんが対象なんですよね。CRPSとか外傷性疼痛の人を対象にした試験って少ない気がします。残念です。

 気になる副作用の方ですが、ガバペンチンは概して副作用は少なく、長く飲み続けることができる安全な薬とされています2)。うっかり飲み過ぎても、重大な結果にはならない2)。3割弱の人にめまい、2割強の人に眠気が生じますが3)、薬をやめれば回復します2)。ただ1日の投与量が1800mgを超えると、1割くらいの人に四肢の浮腫が起きます2)。CRPS患者はただでさえ患部の腫れがひどいので、これはちょっと気になるところです。
 この薬は体内で代謝されずに、そのまま排泄されます。なので肝臓に負担がかかりません。でも腎臓に障害がある人は要注意です。2)

 ほとんどの病院では、院内の薬事審議会ってのがあって、ここで新しい薬をその病院に導入するかどうかを決めています。だから患者のもとに届くのは、年末か年明けくらいになるというところが多いんじゃないでしょうか。
 
 この薬、93年に米国でてんかん薬として承認され、2002年には帯状疱疹後の神経因性疼痛に適応拡大されてます。50以上の国で承認されて売れに売れ、ほかの製薬会社がこぞって神経因性疼痛薬の市場に参入するきっかけを作りました4)。一方、日本では2004年にようやく承認申請が出され、認可されたのは今年の7月。随分時間がかかったものです。

1)van de Vusse AC et al, Randomised controlled trial of Gabapentin in Complex Regional Pain Syndrome type 1 [ISRCTN84121379].BMC Nuerology 2004, 4:1
2)Gilron I, Flatters SJL. Gabapentin and pregabalin for the treatment of neuropathic pain: A review of laboratory and clinical evidence. Pain Res Manage 2006;11(Suppl A):16A-29A
3)RxList: The Internet Drug Index, Neurontin, Side Effects
4)Neuropathic Pain Insight - Life Beyond Gabapentin

*筆者あつこは医学には素人です。文献から、できるだけ正確な情報を伝えたいと心がけていますが、間違い、勘違いもあると思います。お気づきになったら、ご指摘頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

コメント

リンクさせていただいてよろしですか

こんにちは。ブログ拝見しました。リンクを貼らせていただきたいのですが、よろしいでしょうか?

こんにちは。

こちらでは、はじめまして
論文とかよく調べられて本当感心しす
PubMed使って検索されてますか?
僕もよく使って調べますが
全部英語なので検索するに
キーワードから分からない始末…
出てきた結果もエキサイトで翻訳なので
なんちゃって解釈です(^^;

>TOMさん

TOMさん、ようこそおいで下さいました。
リンク、もちろんOKです。こちらからも張らせて頂きますね。

>いちご旦那さん

こんにちは。いちご旦那さんに来て頂けるなんて嬉しいです。いちごさんにも見て頂いているような気がします。

やはり基本はPubMed(注)です。あと、Googleで薬の名前や病名を入れてみることもよくあります。日本語では得られる情報が少ないですが、英語で検索すると、やっぱり情報が充実してます。論文もかなりヒットします。今回の1)の論文は、ほかの論文の参考文献に入っていたのですが、ものは試しとGoogleしてみたら、案外良いアブストラクト(概要まとめ)に当たりました(リンク張ってあります)。あと、私は今も米国にいるのですが、こっちには日本では考えられないようなサービスもあります。・・・そうか、これって、結構重要な点ですね。次回のブログで詳しく書きますね。

英語は、もうどうしようもないです(泣)。書いてあるものは辞書を引き引き懸命に読みますが、困るのは診察。「どんな風に痛いの?スロビング?スタビング?ティングリング?」って、わかるかっ!!(笑)・・・と言ってもいられないので、診察時は必ず予習・復習です。ちなみに、「ズキズキ?刺すような感じ?ジンジン痺れ痛い?」だと、帰宅してネット見てから分かりました・・・。

(注)PubMed:オンラインで、ほぼあらゆる医学論文の概要が検索、閲覧できるサイトです。http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?db=PubMed

悪夢は

ぶつけた小指、悪化しなくてホント良かったですね♪ホッとしました~

悪夢は、やはり薬の副作用なんでしょうか?
襲われるにしても、かわいい動物が良いですよね~(^^;

>RUNさん

RUNさん、どーもです。
RUNさんには同じネタの使いまわしで、申し訳ないです(汗)。
あの悪夢は、もう見たくない、見ませんようにと思うと、確実に見ます。
副作用ってか・・・自己暗示?

もっとかわいい動物・・・
あ、毒蛾に襲われて、ってパターンもあったな。
って、かわいくないですね、全然(笑)。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://painlab.blog75.fc2.com/tb.php/6-36d7fc07

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。